春夏秋冬FX


バイナリーオプションと海外業者の問題


 バイナリーオプションを取り扱っている業者は、日本国内だけではなく、海外にも多くの業者が存在しています。

2008年以降は、国内のバイナリーオプションに対して、金融庁からの通達が行われ、大幅なルール改変を伴った規制が布かれることとなり、それまでのハイリスクハイリターン型の取引きから、取引回数が抑えられたり、支払われる配当金が定額制になったりなど、ローリスクローリターンの方向への舵切りが行われました。

このことにより、それまでのバイナリーオプションの形を残す海外の取引業者へと、鞍替えをする投資家が多く表れ始め、国内バイナリーオプションの形がほとんど定着し始めた現在においても、自由度が高く、戦略性に富んでいる海外のバイナリーオプションの人気は衰えていません。

しかしながら、日本国内から海外の取引業者とのやり取りをするうえでは、理解をしておかなくてはならない部分も幾らかあり、こうした部分での行き違いによっては、トラブルになったり、またトラブルになったように投資家が受け止めてしまうという事象があることもまた事実なのです。

そうした中で、一番に多いのは出金に関するトラブルになり、またこの多くの場合は海外の出金のシステムとの理解の行き違いであることがほとんどになります。
特に、海外から日本に送金をする際は、異国間での資金の移行になるために、それなりの手数料と、日単位の時間が必要になるのですが、取引業者のウェブページにも記載されているこれらの情報を、投資家側が受け取り損ねており、また、国内業者との間の入出金のスムーズさに慣れている部分からも、こうした事が出金の拒否ともみられ、クレームやトラブルにつながることもあるのです。

例えば出金の手数料で言えば、出金手数料無料というサービスがあった場合でも、それがいつでも無料なのか、それとも一定の金額以上の出金時は無料なのか、初回の出金のみ無料なのか、月ごとに規定されている回数のみ無料なのか、といった具合に、業者ごとに様々な設定がされているのが常識となっているため、標題である出金手数料無料、という部分だけでなく、それに対する条件付けの部分までしっかりと設定を理解しておく必要があります。

こうしたトラブルについては、キャッシュバックボーナスのキャンペーンについても多くみられ、ほとんどの場合には出金条件などが細かく設定されているので、こうした事も漏れなく把握しておくべきでしょう。

現在の海外の取引業者は、ウェブページの日本語化から始まり、サポートサービスでの日本語対応や、日本人のスタッフによる応対などの手厚いサービス体制を要している業者も少なくなく、また、入出金に関してもクレジットカードやデビッドカード、電子マネーでの決済や、日本の銀行と提携をする業者もあるほど、熱心な企業努力を重ねている所も増えてきています。

国内、海外を問わず、投資取引は金銭のやり取りがあるものですので、契約をする取引業者については、しっかりとその精査を行い、選定をすることをお勧めします。